寛容高めラブリーハート大久保本店「イチゴ」

【今回の店舗】
「ラブリーハート大久保本店」

【時間と金額】
120分10000円
シーツ代500円
指名なし
ルーム代 なし
総額 10500円

【お嬢】
「イチゴ」

【年齢】
「店舗年齢」 25歳
「実年齢」 不明
「見た目年齢」 30代前半〜半ば

【スタイル】
「普通・Cカップ・お腹ちょいポコ」

【サービス】
「事務的・寛容度低い」

【裏返し】
「多分なし」

【プレイ内容】
「新宿ラブリーハート」の系列店というか、
本店にあたる「ラブリーハート大久保本店」。
大久保駅より徒歩2分ぐらい。
駅近に「ラブリーハート大久保別館」もある。
今回は「ラブリーハート本店」へ。

大久保駅に昼の13時ぐらいに到着。
一応電話して待ち時間はないか確認。
すぐに案内できるとの事。
すぐにお店へと向かう。

受付は少し強面の男性だった。
サイトを見たと言って
120分10000円のコースを。
別途シーツ代500円も払う。
合計10500円。
指名はなしでお任せ。
早速部屋へと案内される。

2フロアに別れており、
店内に地下へと続く階段がある。
店内はかなり暗い上に、
かなり急で狭い階段なので注意が必要。
部屋は2畳ぐらいの広さで天井は繋がっている。
部屋数は5部屋以上だろうか。
はっきりと確認出来ない。

1分ぐらいで「イチゴ」が入って来た。
顔・スタイルは悪くない。
キャミソールで下着がチラチラしている。
セクシーな感じがする筆者好み。
日本語も問題ない。
全裸になるように指示される。
紙パンツは履いても履かなくて良いと。
すぐに洗体に行くから。

洗体ルームは受付がある階。
腰にタオルを巻いて、
急な階段を登っていく。
「イチゴ」が先に登って行くので、
下から下着が見える。
サービスなのか案外嬉しい。

洗体ルームに入るとまずはうつ伏せスタート。
肩→背中→腰→足→お尻→玉
の流れ。
若干雑な洗い方。
正直あまり気持ちよくない。
泡を流し終わると仰向けに。

「イチゴ」と目があう。
優しく微笑んでくれる。
Kを依頼。
軽く応じてくれたがDKにはいかず。
胸→お腹→足→股間
これも雑。

ただ股間周りは少し念入りにしてくれる。
思わず筆者のブツは元気になる。
「イチゴ」は笑いながら上下運動。
結構長めで1回目のフィニッシュ。
泡などを綺麗に流してくれる。
拭きアシストあり。
またタオルを腰に巻いて部屋え戻る。
階段が苦痛。

部屋に戻るとうつ伏せマッサージ開始。
力が弱く気持ちよくない。
「イチゴ」のあくび声が聞こえる。
眠いのかやる気がないのか。
もう少し真剣にやってもらいたい。
20分ぐらいで終わりパウダーに。

さすってるだけで気持ちよくない。
パウダーはやっぱりフェザータッチが良い。
段々イライラしてくる。
そう思ってるとパウダーは終わり。
「イチゴ」へ部屋を出て行く。
5分ぐらいしてようやく戻って来た。
ホットタオルを取りに行ったようだ。
しかも階段を上がっていく音が聞こえたので、
時間がかかるはずだ。
なんか時間が勿体無い。

パウダーを拭き終わると、
仰向けマッサージ開始。
マッサージというかすぐに股間に手が伸びる。
適量のオイルをかけられ上下運動開始。
「イチゴ」をハグしてみる。
大丈夫そうだ。
続いてKからDKへ。
濃くはないが浅めのDKのみ。

DKまで行くと次はタッチを試みる。
ブラチチは問題ないので生チチへ。
柔らかい感触は確認出来たが、
敏感な部分まではNG。
下にも挑戦する。
布上からでも大丈夫。
それでは直に。
良い感じで湿っている。
これはイケるかも。

少し強めに「イチゴ」を抱き寄せ、
筆者のブツを「イチゴ」にあててみる。
まさかのNG。
流れ的には大丈夫そうだったが。
仕方なく生Fを依頼。
これもNG。
境界線が分からないな。

あまり雰囲気を悪くしたくないので、
DKとハンドのセットで2回目のフィニッシュ。
後処理をして残り時間まで弱いマッサージ。
残り時間10分でアラームが鳴り再びシャワーへ。
階段でのチラ見は見逃さない。
シャワーが終わり服を着る。
DKと軽いタッチでお別れ。

【総評】
「ラブリーハート大久保本店」の店内はかなり暗く、
「イチゴ」の年齢感覚はイマイチ掴めていない。
化粧で若くも見えるが、
肌の感覚は少し年が高めっぽい。

120分10500円なのでコスパは良い。
ただ嬢によってサービスは異なる。
ハンドはデフォだが、
それ以上は嬢次第。
筆者は2人ほど合体している。
2人とも辞めてしまったのでが残念。
総合的に言えるのはマッサージが適当。
マッサージ希望の方はオススメしない。

夏場なので汗を流したり、
嬢とのイチャイチャを楽しむにはオススメかも。
筆者も経験があるが、
指名をしないとハズレもある。
ブサイクというか巨漢。
まだ細い分には許せるが巨漢は苦しい。
フリーで入るとしても受付で要確認。