蒲田メンズエステ「夢のまた夢」ゆきの体験

【今回の店舗】
蒲田駅西口「 夢のまた夢

【時間と金額】
60分7000円
指名なし
ルーム代 なし
総額 7000円

【お嬢】
「ゆき」

【年齢】
「店舗年齢」 24才
「実年齢」 30才ぐらい
「見た目年齢」 20代後半〜30代前半

【スタイル】
「スタイル普通・Cカップ以上・お腹少しポコ」

【サービス】
「愛想あり・寛容度普通」

【裏返し】
「なし」

【プレイ内容】
蒲田付近で用事もあり、
少し遊ぶ時間が出来た。
こんな時こそ新規開拓。
行ってみたいお店はいくつかある。
なにせ蒲田エリアは店舗が多い。

いつもサイトの雰囲気と料金で選ぶ。
なるべくコスパが良さそうなところを。
今回選んだのは「夢のまた夢」。
名前が気になったからだ。
意外と店舗の名前は大事だと思っている。
共感・認知があるネーミングの方が行きやすい。

さて前置きはこれぐらいにして、
本題へと入っていこう。
サイトには正確な場所が記載されていない。
蒲田駅に着いたら電話してくれ的な。
事前情報で西口にあるのは知っていたので、
蒲田駅西口付近で電話をしてみる。
数コールで女性が出た。

電話の感じは比較的丁寧だが、
少しカタコトっぽい。
すぐ入れるかの確認をして、
店舗の場所をヒアリング。
サイトに記載が無いので詳細は控えるが、
キコーナというパチンコ店の近くにあるとだけ言っておこう。

外観は割と綺麗なマンションで、
オートロックになっている。
部屋番号を押すと無言で開けてくれる。
部屋前に到着すると玄関は既に空いてる。
受付の嬢が開けてくれていたのだろうか。

ドアを開けると30代ぐらいの女性がお出迎え。
キャミソールからは谷間を確認。
ピンクのブラで少し屈むと先端が見えそうな感じ。
顔・スタイル・年齢的には悪く無い範囲。
この女性が今回担当するゆきだった。

すぐ部屋の中に案内される。
部屋は1Kのワンルームで、
完全な個室タイプ。
部屋内にはゆきと筆者だけ。
色々期待してしまう。

部屋中にあるソファーに腰掛け、
お茶を出される。
そのままコースをどうするか確認される。
とりあえず初回なので60分7000円のコースを選ぶ。
他に長めの時間があったが、
内容はほとんど変わらないと。

先に支払いを済ますと全裸になるように指示される。
「ゆき」はシャワーの準備をしに行く。
全裸で少し待っていると、
シャワー室へと連れて行かれる。
広くは無いが普通に綺麗なシャワー室。

筆者が奥に入ると、
ゆきはシャワーで洗ってくれる。
後ろ向きで洗ってくれるのが、
なんとなくゾクゾクした。
ハンドも上手く、
筆者のお尻・股間もしっかりと洗ってくれる。
この時点でハンドサービスはあると確信。

前向きでも洗ってもらい、
拭きアシストもあり。
その間筆者の視線はゆきの胸元。
ブラの中身が見えそうで見えない。
それがまた筆者を興奮させる。

部屋に戻るとうつ伏せの指示。
個室ということもあり、
少し責めてみる事に。
うつ伏せにならずハグを求める。
まずは問題なし。
続いてKを求めるが交わされてしまう。
諦めずに迫ったが難しいようだ。

あまりしつこいと雰囲気を悪くし、
後のサービスに支障をきたすのでホドホドにした。
素直にうつ伏せになり、
マッサージを受ける。
あまり期待していなかったが、
このマッサージが上手かった。
筆者が疲れている影響もあってか、
思わず居眠りしそうになる。

15〜20分ぐらいはしっかりマッサージを受ける。
その後パウダーが始まる。
手つきは慣れた感じで絶妙なサワサワ。
背中→腰→お尻→太もも→股間付近へと。
ブツが元気なのを確認され四つん這いに。
後ろから筆者のブツを刺激し始める。

この体制は気持ちいのだが、
ゆきへのタッチが難しい。
胸へのタッチを試みるが、
上手くハンドが届かないので向き合う体制に。
お互い向かいあい座った体制になる。
ゆきは筆者のブツを刺激し続ける。
筆者は上から責め始める。

服・ブラ上からは大丈夫だが、
敏感な部分へは中々触らせてくれない。
胸を直に触ってみるとハリが少しあった。
もしやと思い下を確認。
小さめな下着から白いものがはみ出ている。
これを確認すると筆者としては萎える。
仮にあの日でなくてもだ。

秘部へのタッチは諦め、
お尻の感触を楽しむ。
見つめあってるのでDKをしたいところだが、
ゆきは受け入れてくれない。
予想以上に固かった。
これ以上は責めれないと判断し、
そのままハンドでフィニッシュ。

丁寧に後処理をしてもらい、
まだ時間があるのでマッサージをしてもらう。
少し会話をしながら時間が来るまで休憩。
ゆきは入店して数ヶ月らしく、
あまり出勤していないらしい。
比較的日中に滞在しており帰宅も早めだと。
日本語は少しカタコトだが、
ある程度問題なく会話できるレベルだった。

その後ちょど良い時間になるとセルフシャワー。
拭きアシストはなかったが、
服を着る時のアシストはあり。

ドアに向かう途中に少しイタズラする。
冗談混じりで楽しかった。
また来るねとお礼を言って部屋を後にする。

【総評】
今回の「夢のまた夢」は綺麗な個室でハンドもあり。
このサービスは中々コスパが良いと思う。
しかも嬢は複数いるが、
みんな個室で待機しているらしい。

ゆきは少し固かったが、
他の嬢で個室なら別の展開もありえる。
おそらくハンドはデフォだろうから、
あとは雰囲気と交渉次第で合体の可能性も。
機会があれば別の嬢で再訪してみようと思う。